虚血性心疾患とは

虚血性心疾患とは、心筋梗塞や狭心症のことです。
冠状動脈硬化症ともいわれ、血液を運ぶ血管の冠状動脈が硬くなって内腔が狭くなったり詰まってしまう病気です。
血液が心臓を動かす筋肉に十分行きわたらなくなると「狭心症」を起こしたり、筋肉の一部が死んでしまうと「心筋梗塞」になります。
仰々しい病名ですが、治療法やお薬がありますので安心です。
狭心症のお薬にはアダラートという薬があります。
アダラートは高血圧の治療にも用いられます。
その働きは血管を広げて血流を促してくれます。
心臓だけでなく、脳や腎臓・手足など、体全体の血流を良くしてくれますので、他の病気の治療でも使用されることがあります。
このお薬はカルシウム拮抗薬と言われるお薬で、安全性も高く高血圧の治療にも最初に使われるお薬ですので安心です。
年齢を問わずに使用できるのもよいところです。
ただし、心筋梗塞の急性期の使用には注意が必要です。
また高齢者の方は少量より開始し定期ます。
重い腎臓病や重篤な肝臓病などにも慎重な投与が必要です。
アダラート使用の際は他の薬との飲み合わせにも注意が必要です。
他の血圧を下げる薬や利尿剤を併用する際には、血圧が下がりすぎることがありますので注意が必要です。
そのほかにも飲み合わせに注意が必要な薬が多く、他の薬を服用するときには医師に必ず相談します。
グレープフルーツジュースは薬の血中濃度が上昇する可能性があります。
狭心症の際には心電図の検査や血液検査が必須となります。
また、アダラートの服用回数や服用量も症状によって増減させる必要が出てきますので、勝手な判断で量を増やしたり減らしたりするのは、症状の悪化を招きます。
飲み忘れにも注意が必要です。